So-net無料ブログ作成
検索選択

三男と「8枚落ち」で戦ってみた(将棋駒落ち戦) [日常生活、家族イベント等]

お知らせ:すみません、夏休み等諸事情のため次回より一週間ほどブログをお休みします。

いやぁ毎日暑いですねぇ・・・(^_^;)

さてさて、今回もまた将棋話題です。

 タイトルの「8枚落ち」は、上手(上位者)が飛車、角、香車(2枚)、桂馬(2枚)、銀(2枚)の8枚を落として戦う将棋の駒落ち戦でして、初形はこのようになります。
IMG_9575.jpg

 で、先崎学九段(日本将棋連盟出版)の「駒落ちのはなし」という本を最近読んで驚いたのですが、この本には、「下手に棒銀戦法で戦われると上手はまず勝てない」旨のことが書いてあるんですよ。
 つまり逆に言うと、「棒銀戦法を知らない下手には勝てる余地がある」とも読める訳ですね。
  これは本当なのか? が俄然知りたくなりました。

 (ちなみに「8枚落ち」は、上の写真で分かるように、歩を守る駒が「たったの3枚」しかないので、下手は銀を活用するまでもなく、飛車角を活用することで、上手の陣地(特に「端」)に簡単に進入できます。)
 
 と言うわけで、早速、三男K(現在、幼稚園の年長)を相手に試してみました。
 (ちなみに三男は、未だ棒銀戦法を知らないレベルであり、6枚落ちでは私に勝てません。8枚落ちは余りにハンデがありすぎるため、私は「こんな滅茶苦茶なハンディで上手が勝てる訳ないじゃん!」と思い、初めから全く指す気がしませんでした。そんなこともあって、三男とは暫く将棋を指していませんでした(三男も、負けてばかりの「6枚落ち」戦では私と指す気がしなかった訳です)。)
 
 【結果報告】

 第1回戦
 三男は、角の効きを活かしつつ、飛車を中段に浮いて守備の弱い筋に飛車を移動させ、序盤草々に飛車・角を成り込みます(汗)。私は「うーん、これは厳しいねぇ」と何度も何度もボヤきます。そのたびに三男は嬉しそうな表情になります。そうこうして、三男陣が居玉かつ銀の活用もないまま、あっけなく私の王様が詰まされ「負けました」と投了・・・対して三男は満面の笑顔です。

 第2回戦
(1回戦が余りにもふがいなかったので、2回戦の前に、8枚落ちの定跡本を改めて読み直し、記譜を実際に並べてみました。)
 果たして実戦では、1回戦と同様に飛車・角の成り込みは防げませんでしたが(そりゃそうだ(汗))、私の王が敵の龍と馬の効きをかいくぐって(←これが冷や汗ものでスリル満点w)上部に脱出し、何とか「と金」を作り、と金攻めによる「錬金術w」を駆使して駒を入手し、三男の玉を詰まします・・・何と!上手の私が勝ちました(驚)。

 第3回戦
 三男K(幼稚園児)は、今回は工夫して、違う筋(袖飛車の位置)に飛車を振って飛車先の歩を突いてきます・・ううむ、三男もナカナカの戦術家のようです(笑)。このときも「と金」作戦で私が圧倒的に有利になったのですが、何と「一手詰み」をうっかりして私が負けました・・・あぁ油断大敵(汗)。

 第4戦以降は記憶が曖昧(汗)・・続けて私(上手)が負けました。

 最終戦(第6回戦)
  私が勝ちました。最終局面です。
IMG_9572.jpg


 結果:6回戦中、4回負けたが2回は勝てた!


 所感・雑感:
 その1:どんなに苦しい条件に置かれても、知恵を絞ってベストを尽くせば勝てる場合がある、ということを実体験し、何か実生活にも応用出来そうな気がしてきました(笑)。

 その2:(今までやる気がしなかった)「8枚落ち」も結構面白いことが分かり、改めて将棋の奥深さを実感しました・・いやぁ凄いなぁ将棋って(しみじみ)。 それと、勉強法としては、本を読むだけでなく、盤駒を使って実際に並べることが重要だなぁ(理解が深まる)と感じました。

  その3幼児は、「王を詰ます」事に対する感覚(嗅覚)が結構鋭いなぁと感じました。

 その4母親Sは、三男Kが勝つ度に「いやぁKちゃん凄いねぇ、強いんだねぇ」と褒めまくりました。一方、最終戦で三男が負けたときに「そっかぁ、(8枚落ちでも)勝ったり負けたりなんだねぇ」と言ったところ、三男が「そりゃぁそうだよ!」と(半分悔しそうに)Sに言い返していたことが凄く印象に残りました(本日一番の印象事項か?(笑))。三男にもだんだん「負けず嫌い」の性格が芽生えて来たんだなぁと思いました(しみじみ)。 

 それではまた♪


nice!(60)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 60

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。