So-net無料ブログ作成
検索選択
発表会対策~純正律楽器による頑張れ私!~ ブログトップ
前の10件 | -

(これにて一旦完結)終盤日記&メモ [発表会対策~純正律楽器による頑張れ私!~]

 
 【8月30日(金)】
OB演奏会まであと1日(長久門下発表会まであと2日)、いよいよ明日が本番である。

今日は早退する予定で早朝出勤&昼休み返上(昼食抜き)で仕事をしたが、キリの良いところまで進めたら結局定時になってしまった(汗)。ともあれ、今日も割と早く帰宅できたので、これから最後の仕上げ練習をしてゆっくり寝たいと思う。この期に及んでジタバタしても仕方無いし、これ以上はテンポアップ出来るはずもないwので、予定通り、本番はテクニックではなく「響きで魅了する」演奏を目指したいものである。

 それでは、明日明後日と頑張れ私! バッハの☆を掴むまで!!!

 

【8月29日(木)】
OB演奏会まであと2日(長久門下発表会まであと3日)。
今日は朝練モード&昼休み返上(昼食抜き)モードで仕事をし、何とか乗り切ることが出来た。今日はその分早く帰宅でき、昨日より沢山練習できた。少しずつ&何となくではあるが、前より迷いなく指が動くようになって来ていると感じる。 この毎日の練習を通して、「継続は力なり」という各弦もとい格言が身に染みて実感できるようになった今日この頃である。 自分の理想の演奏に到達するためにはまだまだ時間と努力が必要だろうが、本番まであと僅かのこの短い期間であるが、最後まで諦めずに精進したいものである。
 そんなこんなで、最後まで粘り強く頑張れ私! バッハの☆までもう少しだ!(笑)

 

【8月28日(水)】
OB演奏会まであと3日(Cem等発表会まであと4日)。
今日は仕事の残業につき練習が危ぶまれたが、何とか練習時間を確保することが出来て良かった。明日もこの調子で(死なない程度に?)頑張ろうw。 

【8月27日(火)】
OB演奏会まであと4日(Cem等発表会まであと5日)。
昨晩早めに床に就いたのが幸いしたか、今日は比較的調子が戻って来たので、昨日より大目に練習できた。しかしいかんせん勤労後の練習は体力&精神的にも時間的にも限界を感じるのが何ともはやである。というか、ここのところ仕事の期限がキツい状況であり、そっちの方にエネルギーを取られているのが痛いところと言えよう。ともあれ、今日も早めに寝て、明日の仕事と練習も充実したものにしたい。

 では、明日も頑張るべし私!

【8月26日(月)】
OB演奏会まであと5日(Cem等発表会まであと6日)。
今日は2重奏⇒独奏の順で練習した。夏バテ気味なのか、週始めなのに疲労気味で調子が出ないので、今日は早めに寝ることにしたい。
 それと、当日に楽器(2号機)と楽譜(3曲分)と足台と譜面台、チューナー、予備の弦やフレットやテープ、を忘れないように、今の内に書いておこう。

 では、明日も頑張ろう私!

 

【8月25日(日)】
8月31日(土)のOB演奏会まであと6日(9月1日の発表会まであと7日)である。

 二重奏:
 今日は二重奏の練習日で、11時から13時まで相方の(大)先輩とみっちり練習した(ちなみに相方のギターも純正律フレットである)。今日は雨で楽器が余り良く鳴っていなかったこと、借りた部屋が音響の良くないところだったこと(←非常に狭かった)等もあってか、独奏の時ほど「天国的」な響きがしなかったように感じた。ただ、先ほど音程を調べてみたら、色々な箇所が純正からずれていた(汗)、、、ガットフレットは(うねうねフレットと違って)直線ゆえに、ある程度の誤差&妥協が伴うが、それでもやはり(orそうであるがゆえに?)、本番までに音程チェック&微調整を何度も行う必要があると実感した次第である。

 独奏:
 今日は二重奏の練習で疲れたので練習は軽くにし、久しぶりにメトロノーム練習などもしてみた。録音時には少し速めに弾いてみたが、やはり速く弾くと「ボロ」が出るのが痛し痒しである。

 では、明日も頑張ろう私!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

(夜なんとか音源up)今日のノルマw:純正律による一人二重奏の音源をupすべし!!! [発表会対策~純正律楽器による頑張れ私!~]

演奏会当日まであと7日、Just1週間であります。 

という訳で、久々の「予告ノルマin世界発信」のコーナー(?)がやって参りました!

今回の演奏会ではG二重奏も出演するため、その一人弾き(with電子チェンバロ)音源もupしたいと思う今時分、さぁ今日もやるぞ、頑張れ私!!!

----夜追記---------

という訳で、今日は地元の商店街で夏祭りイベントがあって、昨晩に続いてモロコシ、枝豆、ビールモードになってしまったのですが(汗)、「純正律効果」が続いているのか、どうにか録音できました。

 今回の二重奏出演は、「純正律ギターで弾くルネサンス曲」という感じでして、ルネサンス曲なら「まずは純正律を使って(試して)みる!」というのが「クラシック音楽界の『常識』」であって欲しいものですよね、、そういう意味も込めて選曲等してみた次第。曲は前にも取り上げた「La Rossignol(ホ短調)」と「Drewrie's Accordes(ホ長調)」の2曲

 で、多重録音ソフト等の扱い方が未だ良く分からないので、今回は「旧型」電子チェンバロの「JUST」調律(ルートEの短調JUSTと長調JUST)に相方パートwを御願いして録音してみました(2曲目はスイッチオン後のゆとり時間が無かったため出だしがアタフタしてます(汗))。





 という感じで、未だ未だ練習不足ですが(←3、4弦が特殊調弦で運指が通常と異なるため要練習です(泣))、明日は合同練習日なので、6度の音(ギリシャ音階のラvsヨーロッパ音階のラ)の使い方も含めて、色々と打ち合わせして来たいと思います。

註1:現在の設定だと、2弦の第2フレットが(通常より約22セント高い)ヨーロッパ音階の6度音、3弦の第5フレットが(通常の)ギリシャ音階の6度音が出ます。

 
 それでは、明日も頑張ろう私!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日の成果 [発表会対策~純正律楽器による頑張れ私!~]

演奏会まであと8日、ほぼ一週間ということですね。

今日は週末モードということで、1缶だけビールを飲んでしまいましたが(だって夕飯が枝豆とモロコシと。。以下略w)、練習の方は昨日の反省を踏まえて、後半から終盤でミスするところ(125小節目からの低音D♯を多用するところが「運指うろ覚え」であることが今回判明した!)を練習して録音に望んだ。

という訳で、今日のtake2音源



間違えやすい箇所をゆっくり目に弾くことにしたので、大分ミスは減って来たように感じる。
なので、この調子で明日からも頑張れ私!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日の練習内容~別名:暗譜が先か、体力&精神力が先か?(汗) [発表会対策~純正律楽器による頑張れ私!~]

前回記事の最後がチェロ音源になってしまったこともあり、new紙面?記事にしませう。

ええと、演奏会が8/31なので、あと9日ですか、、ついに一桁になりましたか、そうですか。。。。

 ということで、今日は木曜日でして、通常ならば「生命力不足」でブログupどころではないのですが、流石に発表会が近づくとそうも言っていられませんね。昨日は早めに床について、今晩も禁酒モードにしました(偉いぞ自分!)・・・などとウダウタ書いていて生命力を無駄に使っている私(汗)。

 今晩の練習は、
1.まずは楽譜を見ないでゆっくり弾いてみる⇒うろ覚えの箇所の確認
2.うろ覚えの箇所の個別練習
3.通しで録音(1回目、TAB譜を見ながら)
4.ミスした箇所の確認と練習
5.通しで録音(2回目、今度は楽譜を見ながら)
6.ミスした箇所の確認と練習
7.通しで録音(3回目、TAB譜を見ながら)
  を行った。

 分かったこと(別名:今日の「気付き」)
 ※このところ、後半~(最も宗教的で美しい)終盤でバテてしまいミスが多くなることが気になっていたが、その原因は「後半から、左手運指でうろ覚えの箇所が多い」からであろうことに気付いた。なので、上記「1」の練習をできるだけ多く行うようにしたい。

 今日の3回目


 昨日より少し速めに弾くことを心がけたら、どうにか6分台で収まったが、上記「終盤バテ」が今後の課題である。速度に関しては「十分余裕をもって弾いても6分台」のレベルに持って行きたい。

 では、明日も頑張れ私!!
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

(0823トランペット演奏音源発見!)次の野望:27分割法?による演奏音源up [発表会対策~純正律楽器による頑張れ私!~]


 以前に旧ブログで書いたのですが、
http://meantone.blog.so-net.ne.jp/2013-06-08
 息子の音楽の授業参観時に音楽の先生が生徒に、『曲(翼をください)を4つの部分に分ける』課題を出したことが印象に残っていて、それを今回の発表会用練習に応用できなかなぁと思った次第。

 で、(全部で139小節ある)BWV1006a前奏曲を「(自分がイメージする)場面毎に分ける」作業をしていたら、あれよあれよという間に分割(=場面)数が結っっ構な数になってしまい(汗)、現状で「27分割」された。

 なので、次の野望としては、この場面毎の練習音源をupし、自分が満足する所謂「ベストショットw」になるまでそれぞれを更新して行く、というイベントをやってみたい。


 という訳で、自己ノルマ世界発信は完了したw。頑張れ私!

-----------ノルマ消化部----------------------------------------- 

※註:以下の「別名:○○」は私見すなわち、自分がイメージないし分析して(いわば勝手に)タイトル付けしたものです。悪しからず。

第1場面:第1-第6小節(別名:)
音源

メモ:0820ではゆっくり目に弾いてみたが、このペースだと7分越えの演奏になるので、もう少し速く弾いた方が良いかもしれない(ただ、JUST音律+低音多用なので、このくらいゆっくりでも何ら問題ないはずである(チェンバロ師匠も同様の意見)。)

第2場面:第7-第12小節(別名:)
第3場面:第13-第16小節(別名:)



第4場面:第17-第28小節(別名:第1和声展開部)

メモ:レッスンでは「どんどんルバートを掛けて良い(掛けるべき)」とのアドバイスあり。

第5場面:第29-32小節(別名:決意部)

メモ:「決意」とは、明るい祝典的な展開から、暗いどろどろとした不協和音だらけの世界に入っていくことについての「決意」である。
第6場面:第33-37小節(別名:もがき部)

メモ:0821upしてみる。

第7場面:第38小節-41小節(別名:絶叫部)
第8場面:第42小節-50小節(別名:ガシガシ部)

 メモ:ここの高音での(3回の)叫びは「ムンクの叫び」にも似た世界をイメージ(妄想?)してしまうのは私だけだろうか?(汗)
第9場面:第51小節-56小節(別名:脱出成功部)

メモ:暗いドロドロの世界から再び日の当たる(?)明るい世界に戻ってきたようなイメージ。

第10場面:第57小節-62小節(別名:成長帰還部)
第11場面:第63小節-66小節(別名:第2つなぎ部)


メモ:過去の辛い思い出を振り返りながらも逞しく前進するイメージ

第12場面:第67小節-78小節(別名:第2和声展開部)

メモ:上記の第1和声展開部と対をなす場面(今度はより低音側で展開)。レッスンでは、こちらの方をより恍惚的に弾くとよいであろう、とのこと。

第13場面:第79小節-82小節(別名:第2決意部)

メモ:上述の第1決意部と対をなす場面

第14場面:第83小節-89小節(別名:第2もがき部)

メモ:同様に上の第1もがき部と対をなす

第15場面:第90小節-92小節(別名:生命エネルギー充填部)

メモ:次の場面に備えて充填しておく

第16場面:第93小節-96小節(別名:破壊工作部)

メモ:不協和音を出しつつ高音も低音も縦横無尽に動き回ることから、このように命名してみた。

第17場面:第97-100小節(別名:工作確認部)

メモ:第16よりも冷静で落ち着いている雰囲気を感じたため、このように命名

第18場面:第101-104小節(別名:第2絶叫部)

メモ:上記の第1絶叫部と対をなす

第19場面:第105-108小節(別名:弔い部)

メモ:諦め、癒やし、何かが終わった、等の雰囲気を感じる

第20場面:第109-112小節(別名:再建部)


メモ:そしてまた新たに何かが始まる。

第21場面:第113-118小節(別名:3つの山)

メモ:山形の音形が3回続く(こだまのような雰囲気)

第22場面:第119-122小節(別名:4つの叡智)

メモ:0821、2号機で再録してみた。初回録音分も一応残して置く


 (8月19日、初号機で録音:1拍目を伸ばすようにしたい。最も美しいと感じる。ここはまるで無伴奏チェロ組曲のような感じか?)

第23場面:第123-127小節(別名:5つの啓示)


メモ:天から降りてくるような音形が5回続くので、このように命名してみた。

第24場面:第128-129小節(別名:昇天)

メモ:今度は逆に天に昇って行くような音形なので、このように命名してみた。
(旧録音も一応残しておく)


第25場面:第130-132小節(別名:再祝典部)


第26場面:第133-第138小節(別名:弛緩)


第27場面:第136-第139小節(別名:祝典的終結部)

初号機による旧録音も残しておく

---自分反省用通し弾き音源-------
2号機による0820音源



同上0821音源(各部をゆっくり&デフォルメして弾いたら7分を遥かに超えた(汗))

---------余談-----------------------------------

youtubeでチェロでの演奏音源を発見したのでurlを掲載
http://www.youtube.com/watch?v=J2iJvhWkkWk
 

ううん、チェロで聴いても「全く違和感が無い」ところが(orも)「いかにもバッハ」というところか・・

関連余談:チェロによるシャコンヌ(BWV1004)も発見!
http://www.youtube.com/watch?v=JJU_OFD83lw 
ニ長調部分(←チェロなのでト長調か?)は割と弾きにくそうですが、長調転調の冒頭をオクターブ上げて弾くなど、色々と工夫されてますね(感心)

0823追記:トランペット演奏音源も発見
 http://www.youtube.com/watch?v=vEVxxdPfwJk
2:40なので「途中まで演奏」かと思ったのですが、高速かつ途中飛ばしモードのようです。

木琴演奏の音源も発見したのですが、どうも音程がイマイチ(12ETそのもの?)なので、最後まで聴く気になれませんでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

(音源あり)今日のレッスン内容等 [発表会対策~純正律楽器による頑張れ私!~]

 今日は、チェンバロ発表会にギターで出演するために、ギター持参でチェンバロの長久先生のアジトwにレッスンを受けに行く(但し発表曲であるBWV1006aは鍵盤用の楽譜もあるため、その楽譜を先生にお渡ししてレッスンを受ける)、という、何が何だか良く分からない(?)イベントwが催された。

 結果から言うと、総じて、内容やアドヴァイス等はチェンバロレッスンの時とそれほど変わらないものと感じられた。先生は、ギターに関しては詳しくないのであるが、代わりにチェロに関しては(少なくとも知識レベルでは)相当お詳しいようで、その視点からのアドバイス等が多く、非常に参考になった&面白かった。

 今回の純正調ギター(の響き、音色等)に関しては、先生にも気に入っていただけたようで、「これは面白い」、「非常に良い」、「(この曲は)素晴らしい」等のフレーズを連発されていた。ただ、私的には、これだけ面白い&聴き映えがする要因は「ひとえにこの調律(純正律)のおかげである」説(笑)を繰り返し主張したのに対し、先生は「その要因はひとえに『バッハの曲だから』である」説(笑)を繰り返し主張され、この点だけは最後まで奏法もといw双方譲ることが無かった。
 ともあれ、先生も私も、「あらゆる作曲家の中でバッハの曲はとにかく『別格』であると感じる」点、「あらゆる調律の中で純正律は『最高の音律』であり、『これ以上の音律は存在しない』」点については互いのコンセンサスが得られた(別名:「激同」状態だったw)ので、めでたしめでたし?と言えよう。

 でもって、折角なので、レッスンの模様を少しだけupしたい。(レッスン内容のブログupについては毎回先生の了解が得られているのに、後で編集がおっくうになり、結局断念(upしない)という体たらく状態が続いていたので、ここらで奮起したい・・・なお、この奮起現象も「明らかに純正律効果である!」と強く感じている今日この頃であるw)

 まずはこれ。 1回通しで弾いて、色々と感想が出た後に「ではもう一度弾いてみましょう」となった後の展開



次はこれ




その他、12ET論を始めとして、今回は幾つかの裏社会論?なども情報交換出来て良かったです。

 それでは、明日も頑張ろう私!!

余談:最近、IEやFirefoxと(このブログでの)フラッシュプレイヤーとの相性が非常に悪くなって来て、「幾ら待っても再生されない」状態が続いているので、自分の音源を確認するときはグーグルクロム(以下「グークロ」)で表示することにしています(ただ、グークロだと記事を書くときコピペで貼り付けることが(何故か)出来ないので、記事を書くときはIEを使うという無駄なことをやっている今日この頃(汗))


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

(振動実験?w追記)久々に初号機で録音upしてみた [発表会対策~純正律楽器による頑張れ私!~]

  明日が休日&レッスンということもあり、今夜は色々と試してみた、、、だが、それを詳細に書く生命力がもぅ残っていないのが何とも残念である(汗)。
  要点だけ書くと、TAB譜弾きと楽譜弾きを両方試してみて、どちらも一長一短があることが実感できたこと、同様に、ギターも2台を交代で弾いてみて、こちらも一長一短があることを実感できたことが収穫だった。

 という訳で、ホ長調の純正調に設定したギターにつき、昨日までは所謂2号機で録音upしていたのだが、今晩は久々に純正調ギター「初号機」で演奏&録音してみた。

 ちなみにこの初号機(以下「1号機」)は、5万円クラスの量産ギターであり、学生時代の終わりにサークルの同期のM氏から安く譲ってもらい、その後、各種古典調律実験のために大西氏にフレットレスにしてもらった楽器である(1/6ミーントーンなどもこれで実験した。)

 兼自分用データメモ他:
 現在の1号機につき、高音弦は2号機と同じだが(←ハナバッハのスーパーローテーション)、低音弦がオーガスチンの黒を張っているので、こちら1号機Gの方が全体的な響き(鳴り)は良いと感じる。ただ、2号機は(凄く(←恐ろしく?)安いギターでありながら)表面板が高級手工ギタークラスの非常に良い材質(確かレッドシダー単板)を使っているという例の楽器wであり、現在は2号機の音色に凄くハマッている。
   ううん、ナンだかんだ言って結構書いてしまったなぁ(汗)

 では、明日も頑張ろう私!

追記:折角なので、比較のため2号機録音もupしたい、、、ついでに「共鳴実験」として、録音機材(←最近はMDでなくICレコーダを使っている)の近くに(使わない)1号機の方を置いておいたらどうなるか? を試すべく実験してみた、、、だが、だが!(汗)、、今回、1号機の「表面板の上」にICレコーダを載せて実験したところ、「共鳴」による「音」「響き」よりも「振動」の方を大きく拾ってしまい、ノイズっぽくなってしまった(泣)。

 自分反省用(あくまで自分用(笑))に載せておきますが、聴くときはイヤホンまたは大音量(など)では聴かない方が無難かもしれませんね、ということで。

 ともあれ、演奏に関しては、「運指」は大分覚えて来た感があるので、後は速度をもう少し安定させることと、消音に気を付けること、1音1音の密度を今後一層上げて行くことが課題でしょうかね、、、。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

(今日も音源upなるも・・)次回構想等 [発表会対策~純正律楽器による頑張れ私!~]

平日2日連続の音源upに成功wしたものの、最初の構想である

>候補1:苦手(難所)部分の解説&(そんなに難しくないぞという)自己暗示
>候補2:前回の続きで、前半と後半の共通(類似)部分をピックアップしてみる。

については実現していないのが痛し痒しである。
候補2の方はまだしも、候補1の方は是非とも実現させたいものだ・・・

(ひそひそ、、、もっとも結論的には、「『ゆっくり練習すれば』難しくないぞー」というオチになりそうな気がしているが(汗))

 

------同日夜:音源up追記----------------------------------------
>結論的には、「『ゆっくり練習すれば』難しくないぞー」というオチ

・・・結局その通りになってしまった(爆汗)。
 今日の練習は、
 ①まずはゆっくり弾いてみて、速く弾いたときに間違えそうな所をチェックし、そのような箇所につき楽譜(TAB譜)に、再度左手運指を(←今度は赤鉛筆で)書き込む 。
 ②一回通しで弾く(録音1回目)
 ③録音音源を聴き直し、間違えた所を再度チェック&練習
 ④再び通しで弾く(録音2回目)
 という感じだった。



 まぁ、昨日よりはミスが少なくなったような気がしないでもない。。。 
 という訳で、明日も頑張ろう私!

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

(up成功追記)今日も音源upするぞ!・・できればいいなぁ・・するかもしれない・・ううむ(汗) [発表会対策~純正律楽器による頑張れ私!~]

え、今日も音源upするんですか? いやぁ、平日で2日続けるのはちょっと(汗)、、、 

えっ、「今週末はレッスンだろ!?」って? いや、それはそうなんですけどね(汗;;;)。。。

わ、わかりました・・・一応「努力目標」ってことで、、えっ「必ずやれ!?」って? いやぁ、あはは、ちょっと最近忙しくて、昼休みも仕事せなアカン状態なんですよ、、、まぁ努力しますんで、この場はこれにて失礼&仕事モードに入りますわ(泣)

 ---同日夜追記-------------

はぁはぁ、、、、何とか練習&録音&編集&upできた・・・・butもう限界だ(汗)、、、

 もぅ解説する生命力すら無かとですたい(泣)、、、しかしこうやって平日に限界モードで頑張って行けば、本番までには少なからず演奏体力&精神力が付いているに違いない、、、ことを祈って頑張ろう、自分、、、とか言いながら、案外、本番前に過労で倒れ(or※んじゃっ)たりして(爆) 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

(同日夜音源upノルマ果たす!!)音源備忘録と(久々)今日こそ更新(音源up)するぞ宣言!w [発表会対策~純正律楽器による頑張れ私!~]

備忘録:今回の発表曲であるBWV1006(a)前奏曲の各種音源をyoutubeで聴いてみる。

Hilary Hahnの無伴奏vn演奏
http://www.youtube.com/watch?v=NcnbVykOEuY
3分半で弾き切った・・は、速い(汗)
  0:53 第35小節 Aナチュラルで違和感なし
  3:08 第128小節目A-A進行で違和感なし

ジョンのギター演奏
http://www.youtube.com/watch?v=oPfZVflJdp0
 4分23秒、、ギターだと和音が充実していることもあり、これでも十分速い印象を受ける。ジョンほどの人でも、低音やスケールなどを「弾きにくそう」に鳴らしている感があり、この曲の難しさを改めて実感する(ううむ)。
  第128小節目はG♯-A進行で弾いている

リュートによる演奏
http://www.youtube.com/watch?v=AWql6nXqA3s
  4分20秒強、ほぼジョンと同じ。ギターよりさらに1オクターブ低いバス音が非常に心地良い。
  第128小節目はA-A進行

ギターでさらにゆっくり(?)弾いた音源(一発録り)
http://www.youtube.com/watch?v=jh6iRPpoZvU
  5分10秒ちょいだが、遅い印象は受けない。

 フェルナンデスの19世紀ギター演奏
http://www.youtube.com/watch?v=-gv5McRNRoA
 4分10秒、瑞々しい響き、低音の流れも明瞭、、、、さすがは古楽器&フェルナンデスといったところか。

--ブログ更新の構想------
何をするか?
 候補1:苦手(難所)部分の解説&(そんなに難しくないぞという)自己暗示
 候補2:前回の続きで、前半と後半の共通(類似)部分をピックアップしてみる。
     
 では、今日こそ更新(音源up)するぞ! ということでw

同日夜追記
 いやぁ、やはり凄い威力ですな、、本当、「自己ノルマ世界発信」って、何て良いのでしょうか(笑)
というわけで、出来ました、苦手部分の集中練習&録音&編集&up
 これです。


 この90小節あたりからの不協和音&ハイポジ&スラー多用&低音入れまくりetcの部分は、曲の中盤の最も左手の疲労が溜まっている頃であることも相まって、目茶苦茶しんどい感がありますね(泣)。
 余りにも弾けていないので、今回、低音弦を思いっきり張りの弱いブツ(←プロアルテのアルトギター用の弦)に変えて弾いたのですが、それでもこの部分はしんどいですね、、、、本番までに一層体力&精神力を漬け菜もとい付けなアカンですわな(汗)。
 

 ではまぁ、折角なので(?)、未だ未だ弾けてませんが、通し演奏本日2回目もupして、明日も頑張るための糧(&反省材料音源)としたいと思います。



 ともあれ、勤労後の平日夜の楽器練習&録音upはしんどいですわ(汗)、、、これからも適宜「自己ノルマ世界発信」をしながらupして行きたいと思う今日この頃でありました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 発表会対策~純正律楽器による頑張れ私!~ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。