So-net無料ブログ作成
検索選択
その他音源(主に純正律以外) ブログトップ
前の10件 | -

ミーントーン(中全音律)・フォークギターの録音音源&フレット改造第2弾(ウクレレ) [その他音源(主に純正律以外)]

前回記事にしたこの

IMG_1801FG02.jpg
ミーントーン(中全音律)・フォークギターにつき、先ほど録音してみました。
曲は、「大きな栗の木の下で」(作者不詳、小胎剛編)です。

ちなみにスチール弦を張るこのフォークギターは、
 ※ガット(ナイロン)弦のギターに比べて、良くも悪くも「音が伸びる」こと、
 ※ネックが細いので、左手の押さえは割と楽であるが、こういったインスト系の曲を弾くときは、右手が結構やっかいなこと(弦の間隔が狭いため、ノイズが出やすい、アポヤンドなどの強弱を付けにくい、など)、
 が特徴でしょうかね、、、、

そんなこんなで、フレット改造第2弾は、これです。

ウクレレIMG_1791.jpg
御存じ「ウクレレ」。この楽器(元々は実家の母が使っていたもの)も、今まで全く使っていなかったため、今回の実験対象(別名:餌食?w)となりました。とりあえずはこれもミーントーン(中全音律)にしてみます。

上記写真のようにフレットを全て引き抜いた後は、例によって・・・、
IMG_1792.jpg
こんな感じでパテを塗って、研磨して行きます。

今回は、研磨後に「銀」のフレット(0.9mm)を付けてみました。
IMG_1796.jpg
当然?ながら、まずは第4フレット(「純正」長3度音程(周波数比4:5.00000・・・)の箇所)から付けます。

IMG_1798.jpg
拡大するとこんな感じです、、、12等分律の位置といかにズレているかが一目瞭然です。

(続く?)

 


nice!(28)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

雨の背景音付き、ケルナー改ミニギターで弾く「竹田の子守歌」(屋久島音源) [その他音源(主に純正律以外)]

いやぁ今日(7月5日、日曜日)は、7月というのに結っっ構肌寒かったですねぇ。

今日はほぼ1日雨だったこともあり、どこにも外出せずに、午前中は息子と将棋を指し、NHK将棋講座(ビデオ録画)を昼頃に観て、午後も将棋定跡(右四間飛車)をずっと並べておりました(汗)。

 このように最近は将棋三昧で、楽器練習が疎かになっているので、9月のチェンバロ発表会に向けてそろそろ曲決め&始動しないとなぁと感じている今日この頃。

 そんな訳で、最近は音源ネタが無いので、今回は5月の屋久島旅行での音源をupします。

 屋久島2日目の雨の午前中で練習録音した竹田の子守歌
(民謡/平倉編)で、楽器はケルナー改フレットの子供用ミニギターです。

雨音が結構強く入っているので、何か今の時期に合っているかなぁと思ったりもします。

 それではまた♪


nice!(39)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ぼんぼちさん主催第2回オフ会に行って(&古典音律G弾いて)来た [その他音源(主に純正律以外)]

 という訳で、逝ってじゃないや(汗)行って来ました第2回オフ会
 場所は前回と同じ新宿のジャズ&招き猫バー「サムライで、参加メンバーは以下の通り23名でした。
 まずは前回&今回と連続参加された強者(別名:リピーター(笑))から

~連続参加者(合計11名)~
1.ぼんぼちぼちぼちさん(主催者、ホスト)
2.Mitchさん
3.青山実花さん
4.さる1号さん
5.Rchoose19さん
6.sigさん
7.向日葵さん
8.にゃごにゃごさん
9.エムケイさん
10.kurakichiさん
11.koten(私)
 以上の強者達のブログURL等は、
↓↓前回のオフ会レポに書いてありますのでこちらをどうぞ
http://justintonation.blog.so-net.ne.jp/2014-10-19

次に今回お初参加の方です、、(0628夕刻:一応ブロガー全員分のurlがupできたかと。教えて下さった皆様ありがとうございます。m(_ _)m

12.獏さん(ブログタイトル:アラフィフオヤジ漂流奇譚)
http://rtfk12369.blog.so-net.ne.jp/
13.空のRayさん(ブログタイトル:空が好き)
http://soragasuki.blog.so-net.ne.jp/
14.るねさん(ブログタイトル:閑中忙有)
http://rene-tennis.blog.so-net.ne.jp/
15.Hideさん(ブログタイトル:最高じゃん!)
http://mdr.blog.so-net.ne.jp/
16.kinkinさん(ブログタイトル:kinkinのD51製作記)
http://kinkin-d51.blog.so-net.ne.jp/
17.NO14Ruggermanさん(ブログタイトル:天然おやじの徒然)
http://no14ruggerman.blog.so-net.ne.jp/
18.rantan-nyaさん(ブログタイトル:猫遊々)
http://nekoyuyu5.blog84.fc2.com/
19.tamanossimoさん(ブログタイトル:La Boheme**)
http://googoogoonco.blog.so-net.ne.jp/
20.tamanossimoさんの妹さん(現在ブログ無し)
21.tamanossimoさんの姪っ子さん(現在ブログ無し)
22.yonta*さん(ブログタイトル:試香日和)
http://shiko-biyori.blog.so-net.ne.jp/
23.einsteinさん(ブログタイトル:気ままに映画)
http://kimamanieiga.blog.so-net.ne.jp/

 以上23名でした(誤記等あればご指摘ください、以下も同様)。

 前回は「オフ会は初めて」と仰る方が凄く多くて何か凄く初々しい雰囲気があったのですが、
今回はお初の人もオフ会慣れした方が多く、最初から「ざっくばらん&全開」モードでスタートした感じでした。

 では高齢じゃないや(汗)恒例?となりました配席表です。
 今回も人が徐々に増えて行った結果、テーブルが最初の「一」型から最終的には以下の「IL」型になりました。
 席の移動も結構ありましたが、ざっとですがこんな感じかと(敬称略)。
20150627オフ会配席表改2.png

前回は一太郎で作成しPDF保存したのですが少し見難かったので、今回はペイントで描いてみました(pingで保存)。※0628の夕刻:誤字がありましたので修正版をupしました。

 今回も会食一段落後に自己紹介を行いました。お初の方については(オフレポを作る関係で)私が何度も「ブログタイトルは何ですか~?」としつこく質問してしまいましたが、これも今となっては良い思い出です(笑)。

ぼんぼちさんが私の左側の席を拠点としつつ、接待、注文、会計などなど、各種のタスク(ミッション)をそつなくこなしていたのは流石でした。

では当日弾いた演奏の内の「朧月夜」(岡野貞一作曲)をupします。楽器は屋久島旅行に持って行ったケルナー改音律のミニギターです。


 では当日の料理写真もupします・・but今回はピンぼけ写真が多いです(汗)。

お通しの漬け物とナッツ類です。
IMG_9487.jpg

お刺身です。やはりフラッシュ撮影の方が鮮明に写りますね。
IMG_9488.jpg


次のお料理。こんにゃくの煮物ですかね・・これも美味しかったですね。
IMG_9490.jpg
 
当日は飲み放題で、サッポロの瓶ビールも出ました
IMG_9491.jpg

さぁだんだんピンぼけ写真になっていきます(汗)・・エビの揚げ物ですねこれは
IMG_9492.jpg

そして名物のピザ、、チーズがたっぷり載っていて美味しかったです。IMG_9494.jpg


焼きそばも出ました。
IMG_9496.jpg

最後は鶏肉料理ですね。
IMG_9498.jpg

 そんなこんなで、前回(第1回目)の初々しい雰囲気とは対照的に、第2回目の今回は最初から会話等で大いに盛り上がり、店員さんから「もぅ終わりですので・・」と追加注文を断られる(←泣きつかれる?)まで、最後まで多くの人が居座っていました。(ひそひそ・・・ いやぁもしかして次回は「サムライ」使わせてもらえないかも?(爆))

 それでは簡単ではございますが、この辺で私のオフレポを終わらせていただきます。

 ぼんぼちさん、今回も大変お世話になり有難うございました。
また宜しく御願いいたします。m(_ _)m

 それと、遅くなりましたが6月16日のお誕生日はおめでとうございます!

追記裏話(笑)
その1:ぼんぼちさんは「6」の数字にこだわりを持っているんだとか。
その2:前回は○る○号さんが夕寝wされていましたが、今回は○日○さんが爆す、、もといw、気持ち良く寝ておられました。

Fin


nice!(61)  コメント(44)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

「花」の古典音律G弾き比べ~その8【最新型の欲張りケルナー】&これは何の花?~ [その他音源(主に純正律以外)]

 GW企画として始まった、「花」の各種古典調律ギターでの弾き比べ」シリーズ、撮影した花の写真はまだまだ沢山あるのですが、GWは(とっくに)終わったし音律ネタもそろそろ尽きるので、この辺で最後にしようかと思います。

 で、第8弾(ラスト?)の今回は、以前に社交界(?)デビューさせたケルナー改の音律ってこれですね、、
http://meantone.blog.so-net.ne.jp/2012-10-30

http://meantone.blog.so-net.ne.jp/2013-05-18

http://meantone.blog.so-net.ne.jp/2010-11-19
、、この音律のヴァージョンup版をGW中に考えまして、ギタレレ同様音程が4度高いpepeの子供用480mmギターに適用してみました。例によって手書きですがこんな感じです、、じゃーん!
IMG_9447欲張りケルナー音律.jpg

図中の丸数字が弦番号でして、4度上のミニギターだと、通常ギターでC音になるポジション(つまり第⑤弦の第3フレット)は「F」音になります。なので、この場合「F基準の音律」と考えていただければ良いかと。

 で、これを実際にミニギターに適用すると、フレットの並びがこんな感じになりました。じゃじゃーん。
IMG_9445pepe欲張りケルナー.jpg
このミニギターは、以前に、キルンベルガーI類似の純正律ってこれですね、、http://meantone.blog.so-net.ne.jp/2011-10-28

http://www.youmusic.jp/modules/x_movie/x_movie_view.php?cid=6&lid=8057

http://meantone.blog.so-net.ne.jp/2011-10-30

、、これを試したときの楽器ですが(あぁあの頃は若かった(笑))、その後ほとんど使わなくなったので、フレット替えしてみました。ちなみにフレット材は、1~4弦用は銀線、5,6弦はガット(どちらも0.8mm)で、例によって木工用接着材で貼り付けてます。あと、ボディ内部にセラックニスを塗りました(ひそひそ・・・塗ったというより「流し込んだ(注ぎ込んだ)」といった方が適切か(汗))

 ではこのギターによる「花」の演奏、、、、っとその前に、最近撮った花の写真を今回もupします。

今回は、これ、、、、
IMG_9203.jpg

(ひそひそ・・・この花、実は先週、某所に旅行に行った時に撮影しました。)

で、例によって今回もチョット図鑑等を調べる余裕が無いので、どなたか詳しい方、
IMG_9204.jpg
この花の名前をコメント欄で教えてください。。。さらには上記の「某所」まで当てることができたら凄いですね・・

とりあえずはこの花です。
IMG_9205.jpg
さぁ、これは何の「花」でしょうか? さらには写真中の場所はどこでしょうか??

 謎が深まったところで(笑)ハイテンションモードのまま「花」(滝廉太郎作曲、平倉編)の演奏音源行きます。ちなみにこの演奏は、旅行先の民宿内で弾いてます(爆)

 ではどうぞ♪



(ひそひそ・・この音律は純正長三度は一つもないのですが、バランス重視の音律でして、狭い5度(1/5ピタゴラス・コンマ)の狭さの絶妙さ(ギターにマッチしている)、ギターでよく使う調において3度を平均率(←律?)よりも大幅に綺麗に改善しつつ純正5度をも(程よく)確保していること、などが特徴です。今回工夫したのは、裏の調の「広い5度」を分散させることで、表の調でのさらなる3度の改善を図った(=欲張った)ことです。)

 ではまた! 


nice!(33)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

~「花」の古典音律G弾き比べ~その5【欲張りKB2+これは何の花(その2)】 [その他音源(主に純正律以外)]

 GWもいよいよ終わりですねぇ(哀)、、、なお、「」の各種古典調律ギターでの弾き比べ」シリーズは未だ続きます。第5弾の今回は、キルンベルガーIIをベースにした「欲張りキルンベルガー2」とも言うべき音律による演奏です。

 この「欲張りキルンベルガー2」の音律は、これまでは鍵盤楽器のみで使って来ましたが、今回実験的にギターでも試してみましたので(ここは一つGW特別企画として(笑))upしたいと思います。

 まず、音律全体(5度圏サークル図)はこんな感じでして、
IMG_ギター用_欲張りKB2音律.jpg
見てお分かりのように、通常のキルンベルガー2の「D-A、A-E」の5度ではなく「G-D、D-A」の5度を1/2シントニックコンマずつ狭くしています。
これは、今回の音律(フレット配置)では主に「イ長調」曲(さらにはイタリア古典派のイ長調~ハ長調転調曲)に照準を合わせていること、ギターでは「A-E」が5弦-6弦(さらには1弦)の開放弦となり、この開放弦間の響きを純正に確保しておきたいこと、などからです。さらに、「欲張り」音律として、「B-F♯、F♯-C♯」の2つの5度も1/2シントニックコンマずつ狭くしています。広い5度の配置具合(&さじ加減)は今後研究の余地がありそうです。

 でもって、この音律のフレット配置としては、こんな感じになります。
IMG_欲張りKB2フレット.jpg
第2フレットの「ジグザグ」フレットが特徴的ですね・・

 では、演奏音源です。



 そして今回も、近所に咲いていた春の花の写真を載せます・・・今回はこれ!
P4300071何の花.jpg
遠くから見ると一瞬タンポポっぽい感じもしたのですが・・・

図鑑に載っている各種の花と見比べてみると、どうも「キク科」のいずれかの花のようでして、、、
P4300072ガーベラっぽい.jpg

ネット等も参照したところ、これは「ガーベラ」なのではないか(?)、と思いました。
P4300073ガーベラっぽい.jpg
・・・どなたか自信のある方、この花の名前をコメント欄で教えて頂ければ幸いです・・・でもって、反対意見等が無ければ「ガーベラ」確定ってことで(笑)。

 (5/7追記:正しくは「マツバギク」とのこと、、デルフィーさん再びコメント有難うございました♪)  


 それではまた! 


nice!(37)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

~その4【ミーントーン(中全音律)ギタレレ+???の花】~「花」の古典音律G弾き比べ [その他音源(主に純正律以外)]

 GW企画:「」の各種古典調律ギターでの弾き比べ」シリーズ、第4弾の今回は、ミーントーン(中全音律)フレットによるギタレレでの演奏です。


で、その前に例によって、最近撮ったの写真を今回もupします。

今回は、これ、、、、なのですが
P4300037何の花.jpg
このの名前が分かりません(汗泣)

今の時期、近所の至る所に咲いているのですが・・・
P4300040この花なあに.jpg
 名前が分からんのですたい!!(^_^;)・・・何だ!? このは????

これですよ、これ!
P4300038どこにでも咲いている.jpg 
 どこにでも咲いているのに、何故か家の植物図鑑(しかも2種類の本)に載っていないです(汗)

この色のこの「」です。

P4300045.jpg

どなたか名前をご存じの方、コメント欄で教えてくださいm(_ _)m

(5/5朝追記:正解は「ナガミヒナゲシ」とのこと、、デルフィーさんコメント有難うございました♪

  では、「」(滝廉太郎作曲、平倉氏によるハ長調編)の演奏音源行きます。どうぞ♪



(通常のギターよりも4度高い音で鳴ってます・・なので、「ヘ長調」演奏です。)

 ではまた! 


nice!(33)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「花」の古典音律G弾き比べ~その3【キルンベルガー3改(jobin類似)+躑躅の花】~ [その他音源(主に純正律以外)]

 春爛漫というよりまるで初夏のような陽気のこの頃ですが、ともあれ、「GW企画:「花」の各種古典調律ギターでの弾き比べ」シリーズは続きます!

第3弾の今回は、キルンベルガー3を改造したような音律(Gスタートかつ狭い5度を欲張って1つ増やしたもの(いわゆるjobin音律類似タイプ))のうねうねフレットギターによる演奏です。

で、その前に、最近撮った花の写真を今回もupします。

今回は、これ、、、、
P4300001.jpg

そうです「躑躅」です。

今の時期、近所で至る所に咲いている花といえばこの
P4300002.jpg
躑躅」です、、、非常に読みにくい漢字ではありますが、躑躅(つつじ)です!

今の時期、こちらの地域では当たり前のように咲き誇っている「花」がこの
P4300003.jpg
躑躅(つつじ)」なのであります!♪


・・・どこにでも咲いている躑躅についてこんなに仰々しく書き&並べ連ねてもアレかとは思いますが(汗)、まぁそれはGW特別企画「」シリーズということでハイテンションで書くことをお許しいただければと思う訳であります、ハイ。

 ではハイテンションモードのまま、「花」(滝廉太郎作曲、平倉氏によるハ長調編)の演奏音源行きます。どうぞ♪



(ひそひそ・・この音律は狭いミーントーン5度が「Gスタートの欲張り」すなわちG-D-A-E-B-F#に配置されているので、C-Eの長三度は純正より若干広いのですが、C-Gの5度が純正になっている分、主和音の響きに力強さがあるように感じますね)

 ではまた! 


nice!(39)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

その2【欲張りヤング多弦+ケールの花】~「花」の古典音律G弾き比べ~ [その他音源(主に純正律以外)]

 春爛漫のGW企画:「花」の各種古典調律ギターでの弾き比べ
第2弾はヤング改(欲張りヤング)フレットギターによる演奏です。

その前に、栽培していたケールの「花」がこのように
P4301.jpg

そこはかとなく咲いていましたので、順次拡大(&マクロモード)でupしたいと思います。。。では行きますw


おぉぉ、、こっ、これがケールの花かぁ!
P4302.jpg


そぅかぁ、これがケールの花なのかぁ!!!
P4303.jpg


・・・まぁアレですね、やはりアブラナ科の植物ということで、花に際だった特徴があるという訳ではなさそうですね・・

 では気を取り直して、「花」(滝廉太郎作曲)の演奏音源行きます。どうぞ♪


 やはり多弦ギターだとエコー効果が出ますね。 

 ではまた! 


nice!(36)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「花」の古典音律G弾き比べ~その1:ケルナーG編~ [その他音源(主に純正律以外)]

 と言うわけで、いよいよゴールデンウィークですね。
 今回は春爛漫&GW企画として、「花」(滝廉太郎作曲、平倉信行編によるハ長調版)
を各種古典調律のギターで弾き比べるという実験をしてみたいと思います

 ではまずトップバッターはケルナー音律フレット、↓これですねIMG_8322.jpg
このうねうねフレットギターによる演奏音源です・・・どうぞ♪



当方、現在はギターリハビリ中(汗)なので余り速くは弾けませんが、まぁ最初はこんなものでしょう。。。

 ではまた! 


nice!(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ケルナー音律ギターVS純正律ギターシリーズ~その4~「かごめかごめ(ホ短調編)」(ケルナー) [その他音源(主に純正律以外)]

 それでは、ケルナー音律ギターVS純正律ギターシリーズ、、、今回は第4弾です。

 今回は表記曲「かごめかごめ」での対決です。今回も小胎剛氏編による楽譜で、ラメント・バス(半音階下がりの低音)が効果的に使われています。

 では最初はこの
IMG_8322.jpg

ケルナー音律フレットのギターで弾いた音源です、どうぞ!

 では次回は純正律フレットギターで弾いた音源をupして比較してみましょう。


それではまた♪


nice!(37)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - その他音源(主に純正律以外) ブログトップ